HOME > 在宅診療 > 当院の在宅診療について

当院の在宅診療について

 高齢や脳梗塞,骨折,心臓・肺の病気,がんなどが原因となって体を動かすことが大変になったり,あるいはもの忘れが進んだり,いろいろな理由で医療機関への通院ができなくなると,今まで続けていた治療ができなくなってしまいます。
 そうした状態でも医師が定期的にご自宅に伺って診療をおこなうことで,今まで通り治療を続けることができます。また,急に体調を崩した場合にも臨時にご自宅に往診して対応することで,救急車を呼ばなくてもすむことは少なくありません。

訪問診療の実際

 あらかじめ打ち合わせた日程で当院よりご自宅に伺い,普段過ごされている場所で外来の診療と同じように問診,身体の診察,血圧測定などをおこないます。特別の準備は必要ありません。
 訪問する地域は野沢地区を中心とした佐久市内です。
 院外処方がある場合は診察後にご家族などに来院いただき,処方箋をお渡しします。来院できる方がいらっしゃらない場合は個別に相談いたします。

申し込みについて

 すでに他の医療機関を受診していて当院の在宅診療を希望される場合,可能な限り情報診療提供書(紹介状)を持参したうえで事前にご家族等が来院していただくのが原則です。来院できる方がいらっしゃらない場合は個別に相談いたします。当院からの訪問が可能であれば,具体的に日時などの打ち合わせをおこないます。日時は患者さん本人の病状や緊急度と当院の訪問日程をあわせて検討しますが,おおむね1〜2週以内には初回訪問したいと考えています。

必要なもの:健康保険証,介護保険証(申請している場合),情報診療提供書または紹介状

臨時の対応

 定期的に訪問診療をおこなっている方が体調を崩された場合には,まずは当院または訪問看護ステーション(契約している場合)に連絡していただき,具体的な病状を伺います。電話での相談ですむ場合が多いですが,診察が必要であれば臨時に往診します。往診は当院の診療状況によりお時間をいただくことがありますが,急を要する場合または重症度・緊急度が高いと判断した場合には連携先病院への救急搬送をお願いすることになります。

当院で使用している訪問診療同意書をご覧いただけます